» 2011 » 11月のブログ記事

 
 
みなさまこんばんは、みるです。
私は今風邪に倒れ、みかんで栄養を摂る日々を過ごしています。
声は枯れ、食も喉を通らず。
故に、その体はみかんで出来ていた。
 
 

 

試聴用に、またもやインストではありますが、サンプルを2曲公開いたしました。
前回とはまた違った曲風、違った方向の民族音楽性となっております。
お聞き楽しんでいただけましたら嬉しいです。
 

体調不良と実生活の家庭の事情で時間を割かれることに落ち込む日々ですが、CDをお手に取ってくださった方々のあたたかいお言葉が大変励みになっております。本当にありがとうございます!

長い人生の中で一時の休憩、一時休止をするべき時期なのかもしれない、と、落ち込みすぎずプラス思考で物事を視るようにして頑張りたいです。
 
 
 

 
 
こんばんは、みるです。私は花粉症で鼻水が止まらない日々を過ごしております
鼻が!鼻が!と、毎日くしゃみと鼻水と戦う日々です。
冬コミ新作に関して、現段階で公開出来る情報は少ないのですが、今回はいつもより少し早めに作品概要を告知させていただきます。
 
 
C81_inst_sample
(※こちらは現段階で完成済み楽曲のメインボーカルオフverクロスフェードデモになります)
 
 
今冬の新作はケルティック・アンビエント要素を取り入れたシンフォニック系オリジナルファンタジー民族音楽CDです。収録曲数は6~7トラックを予定しております。
今回は「Lucce e Iombra」とは違う形態の造語を使用しています。今回もなんとなくの造語ではなく、「Lucce e Iombra」で使用した造語の様に単語・文法に法則性を持たせた架空造語となります。
造語には自分なりに色々と考えや思い入れがあるのですが、媒体は「音楽」なのですから、そういった事を抜きにしても「音」として聞いた際に美しいと感じたり、優しい気持ちを抱ける響きになれば……と、今から完成に向けて作業を進行中です。
 

造語という部分でLucceを匹出しましたが、楽曲の傾向をFAIRIAL既存タイトルの中で比較しますと、「fairial:material」に似た傾向の作品となりますが、「fairial:material」ではドムンベース要素を多く取り入れていた部分を、今回はケルティック要素やオーケストラ的なサウンドを目指しました。
「fairial:material」では民族音楽要素が薄く感じたかも?という方にも是非お聞きいただけましたら嬉しいです。
頒布に関しましては、イベント以外に書店委託を予定しております。そちらに関しては追って告知させていただきます。
 
 
<STAFF LIST>

【Illustration】
  白凪マサ

【Planning/Design/Direction】
  みる

【Vocal】
  Emmy
  みる

【Compose】
  Morrigan
  ぺさま

【Lyrics】
  Azrael=Robin
  nk
  みる

【Recording Direction】
  Caldes

【Mastering】
  Morrigan

【Promotion Movie】
  交渉中

【Produced】
  FAIRIAL
 
 
FAIRIALではお馴染みのMorriganさんに引き続き、今回はぺさまさまにも作曲をお願いさせていただきました。
作詞の方では、Lucceで魅力的な詞を書いてくださったnkさんにもご参加いただいております。

最後に、先日も記述させて頂きましたが、冬コミ(C81)でのFAIRIALはWAVE様との合体スペースになります。
配置は3日目西あ-66abです。当日は是非足を運んでいただけましたら幸いです。